にゃった食堂

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり呼んでる呼ばれてる♪

<<   作成日時 : 2008/05/04 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 「歴史の旅」  上映会が無事終わりました。


4月の末にG(トモダチ@経営者)から
「今度インド人が5人くらい来るからさぁ。なんか作ってよ」
と言われたときに
「すげーおもしろそうなんだけど・・・・ ( ̄◇ ̄;) どないしょーー・・・・ 」というのが正直な感想だった。
だってねぇ、ペイズリーでの授業のときや渡印回数豊富な友人達からインド人の食生活のリアルな話しを耳にしていたからね。
それって日本人からすれば面白い話題だけれど、関わるとなったらしかも複数人となったら
・・・・どーすんだよ ぉぃw

でもσ=^‥^= には頼りになるキッチンスタジオペイズリーの香取女神がついている。
メールで相談したところ
「あははは〜〜〜おもしれー。 にゃったさ、これを機会に本当はブログ始めるといいとおもうんだよね。」とウケながらも細かなアドバイスをくださった。

ウケた理由のひとつが、
この3月に脈診の権威がインドからいらしたとき幸運にも診ていただくチャンスにめぐり合い、
アーユルヴェーダによる持病の治療を受けにインドにくるといいと勧められた。
香取先生はそのことをご存知だったから「来いの次は来るかよ」とウケちゃったのだけどね。
で、σ=^‥^= はそれを受けてたち今このブログがある(爆)


◎先生からいただいたアドバイスは次のようなカンジ◎
まずベジタリアンか確認。
次にシーフードは?卵は?もしかしてポーク食べる?海草は?
さらに出身州は?(せめて北か南か東か西か)。
一応宗教も確認。
基本的にはくつろいでもらうんなら
チャパティーとダルとサブジが一番いいのだけど。


Gに頼んで中山さんにこれを確認してもらったところ
「聞いたよ、何でも食べるってさ」

・・・・ぇ? 一瞬拍子抜け。
なんでも食べるインド人って・・?

Gは数日後こうも言った
「オレ達だってさ、行った先でなんでも食ってみるじゃん。同じだと思うんだよ」

この一言がツボった。
気にしすぎだと、にゃった式でいこうと思った。
だって自分だって一般論から外れたところにいるじゃんね^^


作ったもの
☆ダール
 豆はミックス。彩りに人参を少々
☆野菜カレー
 なぜかこれがネパール風にしたくなった。具はにんじん、じゃがいも、たけのこ、たまねぎ。仕上げにフェンネルリーフ。
☆パコラ
 先日のにんじんシリーズの雪辱戦。衣ににんじん葉のみじん切りを入れた。
 具はにんじん、じゃがいも、椿の新芽、たまねぎ。

☆チャトニ2種 にんじんチャトニとグリーンチャトニ
画像画像 



☆にんじん風味のリゾット
 にんじんごはんをインド風味にアレンジしたら炊飯器がおかしかったのか一部に芯が残ってしまった。苦肉の策でこれをリゾットに仕立て直したら「おいしかった!どうやって作ったの?」との声が・・・・ぅぅヨカッタ

☆オニオンアツァール
 ベーシック

☆たけのこの姫皮とにんじんの梅胡麻ソース和え
 たたき梅、ねりごま、しょうゆを混ぜるとなんだかマヨネーズっぽいけど和風っぽいし
ナニコレ? なソースになる。辛味をつけたらネパールのアツァールっぽくもなりそう。






デバラジ氏とインド人が数人と世話役の中山さんがいらっしゃると聞いたとき
デバラジさんと撮影スタッフ(大人)が来るのだとと思っていた。
そうしたら来たのはデバラジ氏とボーンフリーアートスクールのこどもたち!

明るくて素直で元気で礼儀正しいステキな子達だった。
少し前までストリートチルドレンをやっていて警察に追い回されていたとは思えない。
キラキラした子どもたち。
愛情ときっかけさえあれば人間はいくらでも変われる。
そのなかの一人の少年がキッチンに入ってきた

G「Her Make Curry!」と伝えたところ
少年「Hello!! You Are My Best Friend In Japan!」とうれしそうに手を差し出してきた。
あたしゃエーゴしゃべれんので
「Thunk You .Your Wellcome, Nice To Meet You」と英会話入門初級レベルの返事(爆)
彼はその後もニコニコしてキッチンを出たり入ったりしていた。
もっと話ししたそうな感じだったけど・・・・・ゴメンヨー


後で中山さんが「子どもたちが今日の料理を見たとき『ボクたちの国の料理だ!!』ととても喜んでいました。ありがとうございます^^」とわざわざ伝えに来てくださった。

うっきゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
CaffeEarthでもらった2つめのラフレシアの花束!!
子どもが喜んでくれるって、すごいことじゃん!


G「すごいよなぁ。言葉わかんなくても通じちゃうんだもんなぁ」
σ=^‥^= 「そうだよ。愛してるとありがとうだけあれば大丈夫なのさ〜」
G「ホントそうだよなぁ。でも、オレタチって真面目だよな^^」
σ=^‥^= 「やっぱ行かなくちゃなぁ」
G「だよな呼んでるっていうか呼ばれてるって言うか、来てるよな」


この日も大好きな仲間達と最高に幸せな時間をすごすことができました。
大好きな仲間も増えました。
画像

ストリートチルドレンだった自分がアーティストになるまでを語る少年と見守るデバラジ氏、中山氏


会社とCaffeEarthの二足の草鞋は意識のベクトルの向きが真逆なので実はかなりきついのだけど、他ではラフレシアの花束はもらえないw
だから続けるぞー

5月はそら豆であそぶ予定ですっ!







 ナマステ ありがとう 



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
よっ!いいぞ!にゃったブログ!

印度人は、どこへいっても、自分の国の料理を出されるのが最高に嬉しいんですよね。食べなれたものがイチバン。

子供は正直だから、本当にうれしくておいしかったんでしょうね。

それにしても....ラフレシアって、あの世界最大の花?
肉が腐ったような臭いがするとか、ひとつで1メートル近くもあるというあの花?
それを花束で?........@@〜〜〜〜
さとび
2008/05/05 01:36
うわっ!
さとび先生もコメントくださって;;
ラフレシアの見るポイントも先生らしくて(爆)
うれしさを大きさに置き換えただけなんですが^^;
にゃー
2008/05/05 22:24
日本人の子どもも喜びます。
azuki
2008/05/06 09:34
日本人の大人も喜びます。
じょー
2008/05/06 18:18
おつかれっ!

次は英語であそぼう(爆)
香取
2008/05/06 22:15
ええと・・・・
インドの子どもたちは「僕達の国の料理だ!」と喜んでいきなり手食しだしたと後で聞きました。
すげー光栄なことです。
もうみんなに感謝しまくりです。


azukiちゃん
 早速の訪問ありがとう^^
で、こどもでなく、にゃったママの「子」「共」ねw


じょー
 来てくれてありがとう♪ みんなに喜んでもらえるようがんばります〜^^;


香取先生
 ええと・・・英語だとあそぼうでなく
英語にあそばれよう になっちゃうんだなぁ(爆)
にゃー
2008/05/07 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり呼んでる呼ばれてる♪ にゃった食堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる